MENU

代表的な闇金の種類

≪携帯ヤミ金≫
以前よりマスコミで話題になっていたのが「090金融」と呼ばれる闇金手法です。
街中の電話ボックスや電信柱などに、連絡先の携帯電話番号を記載した貼り紙もしくは名刺を置いたりして、その番号に連絡すると業者が指定した場所で現金貸付をする方法と、顧客の指定口座に振り込み貸し付けする方法があります。
返済は業者へ直接現金払いするのと、業者指定口座へ振り込む方法になります。
とうぜん、これらは違法です。
貸金業規制法では、貸付事務所の登録と責任者の明示が必要ですし固定電話を設置し、勧誘広告には固定電話の番号を掲載しなければならないからです。
携帯電話を利用して業務を行った時点で、違法業者であることになります。
携帯電話での対応には事務所がない場合がほとんどです。しかも賃貸契約書もなし、返済時の領収書発行もありません。
使用している携帯電話も他人名義で、違法な方法で入手したものが大半ですから、そこから闇金業者を特定することは、ほぼできません。
要するに、顧客(あなた)と返済に関してトラブルになっても不利な証拠が見つからないように、また業者が当局に捕縛されないようにしているのです。
「ど〜も心配だな」と思っても簡単に融資してくれるので手っ取り早いと考えたり、少額だから大丈夫、などと安易に考えると、彼らの罠にハマり大変なことになります。
もし、すでに被害にあって困っているのなら一日でも早く整理しましょう。闇金整理の経験と実績がある弁護士・司法書士に相談するのが一番の近道です。
問題は闇金対策ができる弁護士・司法書士が全国でも、そう多くはいないってことでしょうか・・・



≪システム金融(闇金)とは≫
ヤミ金融被害が全国規模に拡大した要因がシステム金融(闇金)と呼ばれた方法です。
バブル崩壊を受け銀行の貸し渋りが起こり日栄・商工ファンドなどの商工ローンが急成長を遂げたころ、資金難に陥った中小零細事業者を対象にファックスや電話で即日融資で誘い、手形・小切手を振り出させ、その手形・小切手で貸付金の回収を行いました。
手形・小切手の決済は、遠隔地でも可能なので東京の闇金業者が北海道や九州の中小零細事業者を対象にすることもできました。
不渡りを出せば会社が倒産!っという中小零細事業者の恐怖心を最大に利用した方法です。
システム金融のスタートはサラ金・商工ローンの顧客名簿を名簿屋から不正に入手し、ファックスや電話を掛けてきます。
かつての、システム金融(闇金)は利息だけ支払わせて手形や小切手をジャンプさせて繰り替えし利用させるように仕向けます。
あなたに、利息分の金額を指定口座に振り込ませ、元金相当金額の新たな手形・小切手を郵送させたのち、システム金融の側より旧手形・小切手金額分を顧客の決済口座に振り込むという手法です。
これにより、あなたが支払った利息分と、システム金融(闇金)側が再融資した元金分により旧手形・小切手が決済されます。
そうすることでシステム金融(ヤミ金)は当初の元利金を回収できることになります。
そして、システム金融(ヤミ金)の怖いところを次にあげます。
あなたは、もともと資金難に陥っているのですから、システム金融を利用して超高金利を返済するとなれば、さらに資金繰りに窮します。
とうぜん、振り出した手形・小切手が不渡りになりそうになることも・・・。そこで、同一グループ内の別の闇金が融資の申し出をするのです。
この様に、同一グループ犯による複数の店舗を使って、あなたの情報を共有し、あなたを自転車操業状態にしてグループから逃げられないようにする、組織的で計画的な犯行がシステム金融と呼ばれる理由です。
この貸付・返済の流れでは双方一度も面談することはありません。使うのは電話と手形・小切手を送る先の郵便局の私書箱です。
と、いうことは顧客(あなた)は、相手の顔も住所も分からないままです。渡した手形・小切手が裏書されて第三者に渡っても防ぎようがないことになります。

もちろん自称善意の第三者とは、同じグループ内の闇金関係業者ですが・・・
これらのように、後から闇金業者を捕まえようとしても難しいのが現状です。



≪登録型ヤミ金融とは≫
おもに地元で活動している賃金業者で県知事から貸金業の登録を受けている闇金融のことです。
カモフラージュのために一部、法律にのっとった貸付も行っていますが、実体は貸金業規制法で規制している契約書類を偽装するなどして、違法な超高金利で貸付しています。
ここ数年、ヤミ金融問題が社会問題となり摘発される件数も増えてきましたが小規模で地域に根を張っていることもあり、撲滅には時間が掛ると思われます。



≪車リース金融≫
自動車を担保に取るヤミ金融です。
駐車場のフェンスや塀、電柱などに「車でお金」「載ったままご融資」「ローン中でも OK 」という看板を設置して集客をしています。
貸金業規制法を脱法するために貸付金という形を避けて、架空の自動車売買契約と賃貸借契約を締結するのが「車リース」です。
ヤミ金融業者が被害者から自動車を買い取り、代金を支払い(実は貸付金)、顧客(あなた)はその自動車をリースしてもらい(乗ったまま融資)、ヤミ金融業者にリース料(実質は利息)を支払い,買い戻し代金を支払って買い戻す(実質は元金の返済)という手法です。
顧客の自動車の譲渡証明書・委任状・印鑑証明書など,自動車の名義書換に必要な書類や、車検証やスペアキーを取り上げておき、支払いをしないと車を引き上げ、買い取り業者などに転売します。
「車リース」も、闇金が社会問題になるにつれて検挙される例が増えてきました。